プリントの種類と特徴


コジマで取り扱っているプリント方法は、
・シルクプリント(シルクスクリーンプリント)
・昇華転写プリント
・カットシートプリント
があります。

《プリントの特徴と注意点》

・シルクプリント(シルクスクリーンプリント)

  ほとんどの物にプリントでき、洗濯に強いのが特徴です。
  版を作成するために、初めは版作成代が必要です。
     A4大(20cm×30cm)・・・9,000円~    ワンポイント(10cm×10cm)・・・6,000円~
  そして、版下作成代は3,000円から9,000円程度、デザイン料は3,000円から10,000円程度も必要となります。
  ただし、お客様の方でデーターでのデザインがあり、こちらでの修正が必要なければ、版下作成料・デザイン料はいりません。
  版代のため、少量の場合は高価になりますが、追加注文は版代がいらないため安価です。
  版は2年ほどの保存になります。

・昇華転写プリント

  プリントできる生地が限定されます。
  ポリエステル生地で、色はが基本となります。
  版代はいりませんが、プリント内容により版下作成料が必要な場合もあります。
  プリント色が黒の場合は、Tシャツが薄い色であれば表現できます。
  細かな表現やぼかし、グラデーションもできますが、温度が200℃で転写するため、プレス枠が残ります。
  生地に直接、色を付ける方法なので、生地の通気性は妨げません。

・カットシートプリント

  ウレタンシートにプリントしたものを、140℃ぐらいの温度でアイテムにつけていく方法です。
  版代はいりませんが、プリント内容により版下作成料が必要な場合もあります。
  1枚のプリント料金は高いです。
  色は鮮明に表現され、ぼかしやグラデーションも可能です。