日本の繊維産業・縫製業界について


DSC_0722

父親が、がさごそと昔の資料をひっぱし出してくれました。

昭和55年。私が誕生した年ですが、、

「縫製品(パジャマ・ナイトガウン)」全国シェアナンバー1であったのは、和歌山県でありました。

36年の月日が流れ、縫製工場はおそらく1/10程度まで縮小されていると思われます。

ある意味、和歌山は繊維産業において、日本の縮図であるといっても過言ではありません。

この状況下だからこそ、企業としての地固めをさせて頂けると思っています。

暗闇に光があれば、進むべき方向はわかってきます。たとえ小さくとも灯台になれるような

企業でありたいなと思います。

頑張っている縫製工場は、うちも含めて沢山あります。

明るく楽しく夢を持ってゆきたいですね!